Kanazawa.rb
Meetup

This project is maintained by kanazawarb

イベントは終了しました。レポートはこちら

meetup #22

2014初夏のクラウド祭り。今度はHerokuだ!

今回の meetup は当初予定していた「もくもく会」を急遽変更。

Heroku のテクニカルサポートエンジニアである織田敬子さんをお招きして、Heroku のハンズオンを実施します。 Heroku の概要説明から、実際にアプリケーションを公開するまでを一気にレクチャー頂きます。

ハンズオン形式ですので、参加者の皆さんに直接操作を体験頂けます。 いくつかの準備が必要となりますので、後述の「ハンズオンについて」を必ずお読みください。

日時 2014年 06/21(土) 13:00 〜 17:00
会場 ITプラザ武蔵 研修室2
金沢市武蔵町14番31号 http://www.bp-musashi.jp/
参加費 500円

参加費 は会場代および空調代に充てます。現場で 現金 で回収しますので、お釣りの出ないようご協力お願いします。

ざっくりタイムテーブル

時間 内容
13:00 開場・受付開始  
13:10 〜 13:15 イントロ  
13:15 〜 13:30 自己紹介 みんな
13:30 〜 15:30 Heroku 101 @keiko713
15:30 〜 15:45 休憩  
15:45 〜 16:30 LT タイム(スピーカー募集中)  
10min 俺とBasic Knowledge of 3D @PharaohKJ
15min ghissuesのご紹介 @Yukimitsu_Izawa
15min 15分でざっくり分かるScala入門 @SatoYu1ro
5min Rubyで和暦を読み取る @takot
10min 競技プログラミングへのお誘い @yuki2006_devel
16:30 〜 16:50 ネタに関するディスカッション みんな
16:50 〜 17:00 片付け&撤収 みんな

セッション概要 〜 Heroku 101 〜

Herokuは、あなたの開発したアプリケーションを簡単に公開(デプロイ)することが出来るPaaSです。

今回は、Herokuってそもそもどうやって読むの、何なの、という概要のご紹介から、実際にみなさんに手を動かしてもらってアプリケーションをデプロイするところまでハンズオン形式でやっていきたいと思います。

ゲストプロフィール

keiko713.png

織田 敬子(おだ けいこ)

Heroku, Inc. Technical Support Engineer

石川工業高等専門学校 電子情報工学科卒。大学に進学し学部卒で日本の普通のSIerに入社。

ふと思い立って3年足らずで退職し、サンフランシスコにて語学留学を始める。サンフランシスコで見たエンジニアの働き方に感銘を受け、こういう会社で働きたい!と思ううちに2年ほど過ごし、縁があって2013/4、Herokuに入社。

現在はSupport Engineerとして、世界中から寄せられるHerokuに関する色んなジャンルの質問に答えたり答えなかったり。

金沢に住んでおり、実家から自宅を警備しながらリモートにて働いている。

参考

ハンズオンについて

参加者の皆さんに Heroku 上にアプリケーションを公開する手順を実際に体験して頂きます。

参加する場合には、以下を満たすパソコンをご自身で準備して頂く必要があります。

もちろんハンズオンの様子を眺めているだけでもOKですが、せっかくの機会です。是非一緒に手を動かしましょう!

ポジションペーパーについて

当日は初めて会う人もたくさんいると思います。

そこでポジションペーパーの作成をオススメします。ポジションペーパーを用意しておくことで自己紹介がスムーズになりますし、「こういうことやってる人がいるのか。この話を質問してみたい。」「こういうことやりたい人がいるなら、これが一緒にできるかも。」といったことも考えやすくなります。

当日のディスカッションや次回以降のネタを考える弾みになりますので、できるだけ事前に作成しておいてもらえると嬉しいです。どのような形で作ってもらっても結構ですが、permalink があるとお互いに便利だと思います。

テンプレート

gist用のテンプレートも用意しました。forkして書き換えるだけで使えるので便利!

もちろん gist でなくても大丈夫です。 twitter の bio よりちょっと詳しい程度の情報があればだいぶイメージしやすいんじゃないかと思います。

補足

PC使って喋りたい人はちゃんとプロジェクタに繋がるように準備してきてね!